営業において大切なこと

私は金融機関で金融商品の営業をしていました。

 

もともと営業がやりたかったわけではなく、最初は全く売り上げも上がらずに、毎日暗い気持ちで仕事をしていました。

 

ただ、ある時から少しずつ売り上げが上がるようになってきました。

 

私がまず実践したことは、とにかく売りたい商品の勉強をして、その商品を好きになることでした。自分が好きではない商品は、お客様にもその気持ちは伝わってしまいます。逆に好きな商品は一生懸命魅力を伝えれば、必ず興味を持って下さるお客様もいます。

 

そして、営業において一番大切だと感じたことはお客様の話をしっかり聞くことです。

 

私は最初、商品を売りたいので、その商品の話ばかりをしてしまい中々上手くいきませんでした。しかし、世間話からでも良いのでお客様と会話をしながら、信頼関係を築いていくとお客様に合った商品が分かってきます。見込み顧客のナーチャリングですね。

 

その段階で商品をご案内すれば、お客様のニーズと商品がマッチするのでお申込みにつながる可能性が高くなります。

 

営業をしていると、どうしても売り上げのことばかり考えてしまいますが、本当にお客様に合った商品は何なのかを考えられるようになれば自然と売り上げも上がってくると思います。