時間を有効に使って顧客と会話をする

私は法人営業を効率化させて結果を出すためにいろいろなことを試してきました。やはり自分で行った営業の経験は非常に大切で、何度も法人営業をすることで自然と正しい営業ができるようになれました。

新規に顧客を得るために法人営業をするときに特に注意することは、コミュニケーションに使う時間についてです。私は、新規で法人営業をするときはまず誰と話せば契約してもらえるか見定めることにしています。

例えば、契約をする決定権のない人と話す時間を短くするといいです。法人を訪ねて最初に応対した相手が決定権がないことはありがちなので気をつけるべきです。せっかくアポイントメントを取ったのだから、契約を決める力を持っている人とじっくり話した方が時間を有効に使えて結果がでやすいです。

有益な法人営業にならないと意味がないので時間の使い方はしっかり肝に銘じておくことが肝心です。また、相手に何を話せば契約してもらえそうかを早めに察知することも大切です。