営業は大変だ。しかし、とってもやりがいのある仕事なのです。

会社で絵業部隊は、事務部隊に比べてとても有能に見える事があります。
営業こそが、お客さんを獲得し、売り込んでお金を会社に運んでくる正に、正真正銘のヒーローと言っても過言ではありません。

事務や、営業事務の担当者は、それをサポートする、という立場にあります。いわば縁の下の力持ち的な役割になるでしょう。
だからと言って、営業が偉い、とは大声では言えません。営業だけの力ではなく、会社は縁の下の力持ちの人もやはり必要で、皆で頑張って成り立っているからです。

本当は、自分たちが一番頑張っている、と知っておりながらも、それで偉そうな素振りをしない営業部隊は、ちょっとカッコよい憧れの存在となるでしょう。
心地よい季節ならばまだしも、酷暑や極寒の日には、お客さんの所へ旅立っていく営業部隊も、内勤の事務職が羨ましくなることもあります。

辛いのです。暑い季節にスーツで街を歩いていますと、溶けてしまいそうに疲れます。汗が流れて衣装も汚れますから、替えのシャツ迄用意が必要となる事もあるくらいです。スーツも、傷みやすくなります。お客さんの所で、仕事を手伝う羽目になることもあります。そして、スーツに傷がついても、スマイルで過ごすという辛いこともあるのです。

新規事業につきましても、営業は、顧客とのつながりがありますから、世の中をよく見ています。お客さんや、現代に必要な物は何か、一番わかっているのが営業部隊なのです。

もっと営業部隊を尊重してほしい。けれども、そうは言わない、謙虚な姿、経済の発展を担っているのは営業部隊なのは一目瞭然です。

だからと言って、偉そうな素振りをしたとしますと、直ぐに嫌われてしまうでしょう。その素振りと言うのは、顧客の前でも現れます。営業部隊は、人間的にも、素敵な人である可能性が高いのです。それは、仕事の中で切磋琢磨されて、ますます磨きがかかります。

営業か、事務職か、と迷われている若人がおられましたら、先ずは営業を選びましょう。

素敵な人間に成長することを目指しましょう。

PR|オーディオ|GetMoney|お小遣いNET|住宅リフォーム総合情報|アフィリエイト相互リンク|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|貯蓄|内職 アルバイト|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|心の童話|サプリメント|クレジットカードの即日発行じゃけん|工務店向け集客ノウハウ|